あなたは、ビーリンサイトを使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

ビーリンサイト®点滴静注用35μgによる治療を受ける患者さんへ

注意していただきたい副作用

ここでは特に注意が必要な副作用を紹介しますが、それ以外の副作用も起こる場合があります。また、すべての患者さんに同じような症状が出るとは限りません。 ご自身の体調の変化に気をつけ、少しでも気になる症状や変化があれば、遠慮なく医師や看護師までお知らせください。

感染症

急性リンパ性白血病の治療を受けている患者さんは、体の免疫力が低下しているため、感染症にかかりやすい状態といえます。感染症の原因はさまざまで、下の表のような症状があらわれることがあります。サイトメガロウイルス感染では、眼や消化管にも症状があらわれることがあります。また、敗血症は全身性の重篤な病態に至る場合もあるため注意が必要です。

感染症ではこのような症状があらわれることがあります。

感染症

  • 発熱
  • 寒気
  • 体がだるい

感染症

主な感染症 主な症状
サイトメガロウイルス感染
  • 体がだるい
  • 発熱
  • 嘔吐おうと
  • 網膜炎
  • 下痢
  • 腸炎
肺炎
  • 発熱
  • 息切れ
  • 息苦しい
敗血症
  • 発熱
  • 寒気
  • 脈が速くなる
  • 体がだるい

これらのような症状があらわれたら、すぐに医師や看護師に伝えてください。

症状の程度を医師が判断し、ビーリンサイトの投与の中断、中止、そしてその後の再開などを決定します。

監修

清井 仁 先生 
名古屋大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 教授

後藤 裕明 先生 
神奈川県立こども医療センター 病院長・小児がんセンター血液・腫瘍科

監修者の所属・役職は2023年3月改訂時のものです

ページトップへ戻る