あなたは、ビーリンサイトを使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

ビーリンサイト®点滴静注用35μgによる治療を受ける患者さんへ

注意していただきたい副作用

ここでは特に注意が必要な副作用を紹介しますが、それ以外の副作用も起こる場合があります。また、すべての患者さんに同じような症状が出るとは限りません。 ご自身の体調の変化に気をつけ、少しでも気になる症状や変化があれば、遠慮なく医師や看護師までお知らせください。

膵炎すいえん

臓器の一つである膵臓に炎症が起きます。

膵炎ではこのような症状があらわれることがあります。

  • 強い腹痛
  • 背中の痛み
  • お腹が張る
  • 吐き気
  • 嘔吐おうと
  • 体重が減る
  • 喉が渇く
  • 尿量が増える
  • 皮膚が黄色くなる
  • 油っぽい下痢が出る

膵炎

これらのような症状があらわれたら、すぐに医師や看護師に伝えてください。

症状の程度を医師が判断し、ビーリンサイトの投与の中断、中止、そしてその後の再開などを決定します。

監修

清井 仁 先生 
名古屋大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 教授

後藤 裕明 先生 
神奈川県立こども医療センター 病院長・小児がんセンター血液・腫瘍科

監修者の所属・役職は2023年3月改訂時のものです

ページトップへ戻る