あなたは、ビーリンサイトを使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

ビーリンサイト®点滴静注用35μgによる治療を受ける患者さんへ

HOME ≫ Q&A

Q&A

Q1:ビーリンサイトとは、どのようなお薬ですか?

Answer

患者さん自身のT細胞を使い、その免疫反応によってがんを死滅させる、従来の化学療法とは異なるタイプの抗がん剤です。今までに受けていた治療で効果が十分でなかったり、再発したりしたB細胞性急性リンパ性白血病に対して点滴で投与されるお薬です。

詳しくはこちら

Q2:ビーリンサイトは、どのようなタイプの白血病につかえるお薬ですか?

Answer

ビーリンサイトは、「再発または難治性のB細胞性急性リンパ性白血病と診断された患者さん」を対象としたお薬です。

詳しくはこちら

Q3:ビーリンサイトによる治療は、どのくらいの期間がかかりますか?

Answer

ビーリンサイトは点滴静注製剤です。医師が患者さん一人ひとりに最適な投与量とサイクルを決定し、入院にて点滴を開始します。
お薬を24時間持続的に点滴し、輸液バッグを変えながら、4週間(28日間)かけて投与していきます。

詳しくはこちら

Q4:ビーリンサイト点滴時に注意することはありますか?

Answer

点滴をしていて、なにかいつもと違うな、おかしいなと思ったら、すぐに医師や看護師に声をかけてください。また、輸液ポンプの設定を変えることは絶対にしないでください。副作用の発現につながったり、効果が十分にあらわれなかったりすることがあります。

詳しくはこちら

Q5:どのような副作用に気をつけたらよいですか?

Answer

特に注意が必要な副作用としては、脳・せきずい・神経・筋肉の異変感染症サイトカインほうしゅつしょうこうぐんしゅようほうかいしょうこうぐんすいえんこつずいよくせいなどがあります。すべての患者さんに同じような症状が出るとは限りません。ご自身の体調の変化に気をつけ、少しでも気になる症状や変化があれば、遠慮なく医師や看護師までお知らせください。

詳しくはこちら

Q6:医療費については、どのような助成制度がありますか?

Answer

医療費が自己負担限度額を超えた場合に、払い戻しが受けられる「高額療養費制度」や、医療費のお支払いが困難なときに利用できる場合がある「高額医療費貸付制度」、その他、医療費と介護費の合計額が自己負担限度額を超えた場合に、払い戻しが受けられる「高額医療・高額介護合算療養費制度」や、18歳未満の方を対象とした「小児慢性特定疾病医療費助成制度」などがあります。

詳しくはこちら

Q7:入院中に自宅に帰ることもできますか?

Answer

ビーリンサイトによる治療には休薬期間があります。医師の判断により次の治療サイクルの開始まで自宅で過ごす場合もあります。

詳しくはこちら

Q8:子供が治療を受けているときには、どのようなことに注意するとよいですか?

Answer

まだ自分の症状を表現できない年齢のお子さんでは、副作用に伴うさまざまな症状を訴えることができない場合もあります。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る